JAしおさい波崎青販部会安全性と美味しさにこだわった日本一のピーマン産地〜日本農業賞金賞受賞
Last Update:
●HOME    ●Q&A    ●お問い合わせ    ●サイトマップ     
JAしおさい波崎について
  活動内容  
  年間スケジュール  
  JAしおさい波崎について  
  波崎ピーマンの特徴  
  波崎ピーマンの歴史  
  栽培管理  
  活動の記録  
生産農家のご紹介
  生産農家のご紹介  
  エコファーマーとは  
  会員名簿  
ピーマン専科
  ピーマンの歴史  
  ピーマンの種類  
  ピーマンの育て方  
  ピーマンの栄養素  
  ピーマン一口メモ  
  ピーマンCooking!  
モバイル・サイト
  QRコード
http://www.pman-hasaki.jp/mobile/
 
携帯専用サイトオープンしました!
上記のURLまたはQRコードより
ご覧いただけます。
※PCではご覧いただけません。


リンク用バナーについて
TOP > 活動の記録 > 「ピーマン薬効で脂肪燃焼ボディになる!」特集
ピーマン薬効で脂肪燃焼ボディになる!特集
ピーマン胎座には脂肪燃焼効果があります! ピーマンは元々は唐辛子を品種改良した野菜です。実は、このピーマンの胎座部分に薬効効果があることがわかってきました。
低体温の人ほど効果あり!?3日で1kg減も・・・

「食べてすぐに体が温まってくるのがわかります。食べ初めて7日間で、体重が1kg減り、1ヶ月で3kgやせました。」と話すのは都内の主婦(48歳)の方。

このピーマンダイエットの発案者である崇城大学薬学部教授の村上光太郎先生によると、
「ピーマンといっても、果肉の部分にはダイエット効果はありません。普段は捨ててしまっている種がついている“胎座”といわれる部分にその地からあるんです。

実験結果によると、ピーマンの胎座を食べ、体表温の変化を調べたところ、一口食べて2〜3分たつと、体温が1〜2度上昇して、おしなべて37度近くになり、それが数時間続きます。八百屋さんで一般的に売られている野菜で、こうした効果が得られたのは、後にも先にもピーマンだけです。」

最近は、低体温の女性が多く、そうした人の足の先は33度くらいしかありません。そんな低体温の部分も、ピーマンの胎座を食べるとちゃんと37度近くになります。
また、平熱が36.5度くらいの人が食べても、37度以上にはなりません。つまり、ピーマンの胎座はほとんどの人の体温を37度位にしてくれて、それ以上にはしないということもわかりました。

最近の肥満女性の多くは低体温を伴っています。これは体の代謝力が落ちて、そのために体が冷えてさらにやせにくくなるという悪循環を生んでいます。
体温が1度下がると消費カロリーはなんと12%もダウンします。
ですから、毎日、ピーマンの対座を食べて、体温を1度上げれば、いままでの生活、運動量でも、12%やせられることになるんです。

このピーマンダイエットの特徴は、低体温の状態にある人ほどやせやすいということです。
1日に必要な量の目安はピーマン10個の胎座部分。種は、食べにくければ捨てたほうがいいですが、取るのが面倒な方は、食べられるなら一緒に食べても大丈夫です。

では、毎日続けられる簡単な「胎座の調理方法」をご紹介します!!

胎座の調理方法
ピーマンを縦に2つ切りにする。1日の摂取量は10個分が目安。
種のついている胎座と果肉部分に分ける。種は取れるところだけ取る。
焦げ付かないよう中弱火で5分ほど炒め、しょうゆと日本酒各少々を加える。
ピーマン10個分の胎座は炒めるとスプーン3〜4杯程度。これなら続けられそうですね。ぜひお試しください!
ページトップへ
COPYRIGHT (C) 2005JA SH IOSA I HASAKI SEIHAN . ALL RIGHTS RESERVED.