JAしおさい波崎青販部会安全性と美味しさにこだわった日本一のピーマン産地〜日本農業賞金賞受賞
Last Update:
●HOME    ●Q&A    ●お問い合わせ    ●サイトマップ     
JAしおさい波崎について
  活動内容  
  年間スケジュール  
  JAしおさい波崎について  
  波崎ピーマンの特徴  
  波崎ピーマンの歴史  
  栽培管理  
  活動の記録  
生産農家のご紹介
  生産農家のご紹介  
  エコファーマーとは  
  会員名簿  
ピーマン専科
  ピーマンの歴史  
  ピーマンの種類  
  ピーマンの育て方  
  ピーマンの栄養素  
  ピーマン一口メモ  
  ピーマンCooking!  
モバイル・サイト
  QRコード
http://www.pman-hasaki.jp/mobile/
 
携帯専用サイトオープンしました!
上記のURLまたはQRコードより
ご覧いただけます。
※PCではご覧いただけません。


リンク用バナーについて
TOP > 栽培管理
栽培管理

作型の模索・・・4類型の確立
1. 栽培様式
1) 平畦から高畦栽培へ移行

2. 周年生産
1) 促成‥‥大型ハウスにより開始され、現在完全促成T型と栽培期間をずらした、U型とがある。
2) 半促成‥露路栽培から、ビニールの開発により、中、小トンネル、農対事業等により
      パイプハウスの普及、そしてダクト、2重トンネルによる前進栽培を目指している。
3) 抑制‥‥更新せん定から、他産地との販売戦略により、植え替え型の抑制栽培の徹底、確立。

3. 作型別の適正な施肥量

1) 吸肥特性の試験、研究‥‥施肥基準の作成

4. 作型別に合った適正品種の導入

1) 種苗会社との提携により産地特産のオリジナル・ブランド開発

土づくり・・・連作障害の回避
1. 施肥方法の改善‥‥‥有機質肥料の投入
1) 堆肥の溝施用→稲わらの溝施用一切わらの全層施肥一乾燥堆きゅう肥施用
地元、町外より、農協堆肥供給銀行による畜産農家からの斡旋

2. 施用量の研究(有機質+化成)
1) 高度化成→緩効性肥料→有機化成
2) 土壌診断による土壌改良

3. 堆肥づくり
1) 吸肥特性の試験、研究‥‥施肥基準の作成

4. 育苗床土の研究‥‥‥園芸培土の製品化
1) 育苗技術の高位平準化を目指す中、腐葉土等、年々不足、
また、日常の仕事が多様化して行く中で、クレハ化学との技術提携により、
園芸培土を製品化し育苗〜定植時期の管理を省力化した。

品種の統一・・・当地の作方に会った品種開発・・・種苗との提携
1. 消費嗜好に合った個性的商品化の追求‥グリーンが濃く、軟く、匂いがきつくないもの。

2. オリジナル・ブランド(波崎町の個性商品)として販売出来る品種の研究
  ‥‥〔サンテル〕の開発

露地栽培から施設と変化したのに伴い、発生病害虫も様々な形としてあらわれ、部会員の一致団結と関係機関の適正な指導のもとに解決に努めて来た。

病害虫防御・・・安全防除対策技術の開発・・・経営の安定と産地維持発展

7・3
育苗床にホリバー(虫取りテープ)設置(害虫防除)
7・25 ネマトリンA粒剤散布(セン虫予防)化学農業
8・21
天敵昆虫放飼
タイリク(スリップス防除)・・・・・・・・・・・・10a当り2本
アフィデント(アブラムシ防除)・・・・・・・・10a当り1本
スパイデックス(ハダニ防除)・・・・・・・・・10a当り1本
8・26 タイリク追加放飼・・・・・・・・・10a当り2本
8・28 本圃にホリバー(虫取りテープ)設置(害虫防除)
9・4 アフィデント追加放飼・・・・10a当り1本
スパイデックス放飼・・・・・10a当り1本
9・7 タバコ蛾発生
エスマルク 水和剤 1000倍 散布 /生物農薬/
コテツフロアブル 3000倍 散布 /化学農薬/
トルネードフロアブル 2000倍 散布 /化学農薬/
10・29 ボトキラー水和剤 1000倍散布(うどんこ病防除)
 /生物農薬/

使用農薬回数・・・化学農薬3回 生物農薬3回
ページトップへ
COPYRIGHT (C) 2005JA SH IOSA I HASAKI SEIHAN . ALL RIGHTS RESERVED.