JAしおさい波崎青販部会安全性と美味しさにこだわった日本一のピーマン産地〜日本農業賞金賞受賞
Last Update:
●HOME    ●Q&A    ●お問い合わせ    ●サイトマップ     
JAしおさい波崎について
  活動内容  
  年間スケジュール  
  JAしおさい波崎について  
  波崎ピーマンの特徴  
  波崎ピーマンの歴史  
  栽培管理  
  活動の記録  
生産農家のご紹介
  生産農家のご紹介  
  エコファーマーとは  
  会員名簿  
ピーマン専科
  ピーマンの歴史  
  ピーマンの種類  
  ピーマンの育て方  
  ピーマンの栄養素  
  ピーマン一口メモ  
  ピーマンCooking!  
モバイル・サイト
  QRコード
http://www.pman-hasaki.jp/mobile/
 
携帯専用サイトオープンしました!
上記のURLまたはQRコードより
ご覧いただけます。
※PCではご覧いただけません。


  リンク用バナーについて
TOP > 活動内容
活動内容
  1.需要者から野菜産地に対する要請内容
 
大手量販店及び小売、仲卸も含めた流通のなかでやはり安心、安全、
新鮮が販売会議等の中で取り上げられる。
安定供給はもちろんのこと、色が濃く柔らかで苦味の少ない物と要望が多い
多様な料理の仕方(レシピ)の開発の要請等
  2.野菜産地における需要者ニーズ
 
定期的に全農いばらき(前茨城県経済連)と販売対策会議を行い、部会主催の出荷協議会、 毎年4月に開催し(関係機関、及び指定市場21社)9月には指定市場21社と生産者の代表で、意見交流会そして11月の反省会と販売対策は、役員の市場訪問(販売対策会議)も含めて年10回以上行っている。
指定市場を通した中での大手量販店のバイヤーとの会議
毎年10月に東京、千葉、神奈川、埼玉の首都圏の親子を対象に一般公募をして産地に招待し ピーマンの収穫体験を行なっている。(抽選で約100名)(アンケート調査実施)
市場調査は全農いばらきを中心にJAと共同で実施。
  3.需要者ニーズに対応した野菜産地の取組状況等
  消費者の安心、安全の要望に答えるべく顔の見える産地づくりをモットーに
部会員全員の防除暦の記帳と提出

■環境に優しい農業を目指し部会員全員のエコファーマーの取得
■多様な料理の仕方(レシピ)の開発の要請等
■ホームページの開設(4月目処に開設予定)
  4.契約取引の取組状況等
 
全農いばらきとタイアップした中で情報収集を的確に行い週間及び月間値決等の取引に
於いて過去数年の契約野菜安定供給制度のデータを活用している。
  5.野菜産地の将来的な構想
  数年前よりの健康志向の傾向を踏まえ消費者ニーズの対応として安心安全野菜をと、全農及び関係機関の指導のもと減農薬、減化学肥料栽培に取り組んでいます。 また輸入品のウエイトが高い業務用需要への対策としてやはり安心安全をもモットーに各量販店、外食産業チェーン店の今後の要望も取り入れて販売していきたい。 (近年の価格低迷、輸入野菜の増加に対しての対策)

現状ではミニトマト、長ネギ、キュウリ、パプリカピーマンなどがメインで、近隣諸国より輸入されており各主産地も多少価格に影響がでてきていると思われます。当産地ではパプリカピーマンが類似する品目であるが、業務用、外食産業、スーパー(量販店)ともピーマンと使用目的が多少異なるため現状ではそれ程影響がでていないがピーマンが近隣諸国(中国・韓国)で作られ入ってきた場合の影響力は絶大だと思われる。
  生産面
  省力・低コスト化対策
(1) 機械、装置等の導入、資材等の利用
カメラ(画像処理システム)による選果選別で細部までの徹底検査
高精度な等階級選別が可能になり、家庭選別の大幅な軽減ができ労力を栽培
(品質向上・規模拡大)へ注げる。

(2) 作業の外部化
コンテナ出荷による出荷経費の削減(ダンボール.フィルム他)
各量販店でパッケージング

(3) 反収の増加対策
完熟堆肥を投入し、土壌珍断をしたうえで土壌の塩基バランス、PHを適正値に整え土作りの根本の見直しで地力のアップを図り反収の増加向上につなげる。

京浜市場(62%) その他市場(38%)


味覚の特徴 グリーンが濃く、味が良く、軟らかくて、ピーマン独特の臭みが少ない。
栄養等の特徴 ビタミンC及びビタミンPが豊富で甘くて軟らかいのが特徴です。
一般的な食べ方 炒めて食べても、生でも良し、特にピーマンのまる焼きは、
ジューシイでおいしい。(別紙パンフレット)
美味しさ、
栄養面から
逮び方としては、色があざやかでつやの有る物が良く、赤みや泉縮の入ったのはかたい物です。
へたのところを見て、軸の新鮮な物が新しい物です。
食べ方は、生でも火を通しても使えますが、やはり油を使った食べ方が、手軽で、栄養的にも損失が少なく上手な調理方法です。
〈ビタミンC及びビタミンPが豊富である。)
購入し易い
価格面から
安心安全をモットーに各量販店、外食産業チェーン店の今後の要望も取り入れて販売していきたい。
産地へ訪問、
相互交流面から
3年ほど前より産地PRを含めたピーマンを中心に生産者と消費者との農業に対する相互理解を深める(産地にきて時下にピーマンに触れてもらい収穫体験をし、より深く産地を知ってもらう。)
ページトップへ
COPYRIGHT (C) 2005JA SH IOSA I HASAKI SEIHAN . ALL RIGHTS RESERVED.